読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケータイ

もう5年も前の話。
大崎ゲートシティで「Edy」という代物のがテスト使用されていた。
俗に言う電子マネーの一種だった。


モノは試しという事で、私もこのEdyカードを使ってみた。
使ってみた感想としては、自販機や喫茶店など、
小額決済には結構便利で、大崎に居た時は結構重宝していた。


あんまり普及しないなぁと思っていた、そんなEdyは、
今やモバイルEdyとしてケータイに搭載されている。
SUICAも基本は同じ仕組み(フェリカ)を利用している為、
こちらもモバイルSUICAとしてケータイに搭載されている。



デジカメは7年前位は、かなりもてはやされた。
今でも決して売れていない訳ではないが、
気付けば今やケータイに標準搭載されている。
何かのフォーラムで大前研一が、
「カメラメーカーは、ケータイの部品メーカーになっている」
とか言っていたが、あながち間違ってはいないと思う。



さて、この「ケータイ」
もはや「携帯電話」では、なくなっているのではないだろうか。


ネット端末、カメラ、定期、お金、果てはポイントカード等などの機能に、
ゲーム
ボーイを上回るゲーム
も出来るし、音楽も聴ける。


確かにこれだけの機能があると便利だ。
文字通り、ケータイを携帯していれば、基本的に生活に困らず、
大抵の事は出来てしまう。


更に、そのうちゲーセンのゲーム
のカードも携帯に組み込まれるだろうし、
話題のワンセグにしたって、ケータイの機能を利用した新サービスも出て来たり、
ケータイはますます便利になっていくと思われる。


この後ケータイは、いったい何処へ向かっていくのだろう?


しかし、そんな中、コン猿さんが乗せていたやつに、怖い事が書いてあった。
「携帯電話紛失!拾った相手が悪かった」
http://allabout.co.jp/family/bohan/closeup/CU20060331A/index.htm




ケータイに機能を追加するのは、トーキョーに首都機能が集中している問題と似ている。


気付けばケータイは、家の鍵よりも落としてはいけないものになっていた。
トーキョーに大震災が起こると、国の機能が麻痺
する恐れがあるように。。。