読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長崎皿うどん紀行

長崎初日は、以下の3店舗チャレンジしてきました。
 
 
◆広東・台湾料理上皇
 
長崎に早く着き過ぎて、どこの店も開いておらず、
とりあえず…という感じで歩いて着いた長崎駅
 
上皇は、そんな長崎駅前のアミュプラザ内のレストランフロアにあるお店です。
 
頼んだのは、皿うどん(細麺)のランチ餃子セット。

f:id:ht_tq:20131029002954j:image

 
10時位からずっと腹が空いていたせいもあったかも知れないし、
失礼ながら余り期待をしていなかったせいもあるかも知れないが、
予想以上に美味しかったです。
 
長崎の皿うどんは「甘い」と聞いていましたが、
甘いと言うほど甘い訳でなく、
途中でお酢とソースで味を変えてみたところ、
またこれが旨い!
 
甘いと感じる人は、お酢とソースで、
好みの味に調整するのもありっちゃありでしょう。
 
ちなみに麺は、リンガーハットと比べると、
更に細い感じでありました。
 
 
◆江山楼 中華街本店
 
 
今回食べた皿うどんの中では、ズバ抜けて旨かったです。
純粋に「旨い!」とにかく「旨い!」
 
注文したのは、王さんの特上皿うどん(太麺)と春巻き。

f:id:ht_tq:20131029003001j:image

 

f:id:ht_tq:20131029002947j:image

 
頼んだ際に「餡がありませんが宜しいですか?」と聞かれた。
正直、餡がない皿うどんをイメージ出来なかったが、
素直にそのまま注文をしました。
 
で、それが大正解で、主旋律である太麺に、
沢山の具材のハーモニーが響き渡り…なんて話はともかく、
卓上にあるソースならぬ「ソー酢」が、
更に口の中での親和性を高めます。
※ソー酢は、ただの酢ではありません。
 
ちなみに、おまけで着けた春巻きも美味しかったです。
今度は、チャンポンと皿うどんの細麺の方も食べていたいなぁ。
 
外から見た店の感じが、如何にも観光客向けという感じでしたが、
全てに手を抜くことなく、給仕さんの対応も素晴らしく良かったです。
 
 
 
四海樓四海楼
 
ここが、ちゃんぽんと皿うどんの発祥の店と言うことで行きましたが、
うーん、決して不味くは無いのだけどなぁ…という感じ。
 
頼んだのは、そぼろ皿うどんと、今日の〆なのでビールと杏仁豆腐。

f:id:ht_tq:20131029002951j:image

 
 
空いていて窓際に座れたので、景色は良かったですが…
見た目の通り、料理も観光価格で観光客向けという感じですかね。
 
給仕さんも慣れてない?からなの解らないが、
オイオイ!という感じで、
次は行くかと言われたら、行きませんというレベル。
 
そういえば、エレベーターの文字が漢字でしたw

f:id:ht_tq:20131029002944j:image

 
 
そんな訳で江山楼は、また行って食べ比べしたいですわ。