読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『うつ』は心の風邪なのか?

現代病として名高い『うつ』
うつというカテゴリ
がかなり広いので、一概には言えないが、
周りを見渡すと、確かに最近
増えたとは思う。

歴史
を紐解けば、第2次世界大戦
中にも、
かなりのうつ患者
が出たという事実
もある位なので、
現代社会
が持つ、危険な問題であるとは言えないだろうか。


そんなうつですが「心の風邪
」なんて感じで言われる事が多い。
実際には、うつ患者
精神
的負担を軽くする為に、
このような表現をするのであろうが、
「うつでは無い人」から見ると、かなり軽く見られている様に感じる。


うつだけに限らず、こういった病気

例えば、メニエール
病や膠原病
といった病気
等も、
一般にあまり認知されておらず、どうしても軽視されるケースが多く、
「周りもしっかりと理解しておく」という事も必要ではないかと思う。


しかし、正直なところ実際にうつという判断をするのは難しい。
・何をもって、どこからがうつなのか?
自律神経失調症
はうつなの?
・実は慢性疲労症候群
ではないか?
医者
側としても、うかつに「うつでは無い」とは言えないので、
とりあえず薬を出すケースも多いそうです。

社会
的な状況で見れば、確かに戦時中
と変わらないくらいに、
というより、それ以上に思考しなければならない事が増え、
「考えたくない事も沢山考える必要性」が出てきたり、
「生きる上での余裕」というのも、取りづらくなっていると感じる。

社会
的な病気
である以上、個人だけのフォローだけでなく、
社会
的にもフォローしなくては、解決の糸口はなかなか無いのだと思う。
会社
で言えば、ある程度会社
の理解とフォローが無いと、
社員としては、余計に苦しくなる状況ではないだろうか。


『とかくにこの世は住みにくい』


こういった根本
的なところを考えない限りは、
「うつ」
というものは、増加の一途を辿ってしまう気がしてならない。



〜〜〜〜〜
・うつネット

 http://www.utu-net.com/index.html